こんにちは。旅行は美味しいものを食べに行くことだと思っているコウちゃんです。
今回は、滋賀県高島市にある「美松(みまつ)」のご紹介をします。

お店の名前

美松(みまつ)

お店の住所

滋賀県高島市藁園(わらその)1594番地

魚料理と近江牛の洋食料理がボリューム満点

先代が寿司専門店として始めた、田舎の細い道沿いにある小さなお寿司屋さんが原点です。今は、先代と若旦那が共同で、和洋折衷の多彩な料理を提供してくれます。

しかも、寿司専門店としての意地を感じる、魚料理の新鮮さと、近江牛を大胆に取り入れた、若旦那のボリューム抜群の洋食料理のコラボレーション。

注文を普通の店のつもりでしてしまうと、絶対に食べきれない量の美味しい料理に、ため息が出てしまいます。地元の人の間では、知らない人はいないぐらいの有名店になりましたが、やはり店が手狭であったため、店に入れない人が続出。

今は、小規模な宴会も出来る和室も増築され、食べに行きやすくなりました。ただ、もちろんのこと予約は必須です。

量が多いので皆で分け合って食べるのが良い

何年も前から、行列の出来る食堂として有名でしたが、料理のボリュームの多さから、お客さんの滞在時間はかなり長く、一日のランチタイムでは、恐らくお客さんが一回転しかしていないと思います。

普段少食だと思っていた女性が、このお店のフルコースとでも言うべき、お刺身の盛り合わせから、近江牛ハンバーグまで平らげた時には、皆の見る目が変わりました。

本人は、「だって、こんなに美味しいお料理を、残してしまったら申し訳ないじゃない。」と言っていましたが、たぶん皆でシェアするのが正解だと思います。

私が親族で行った時は、皆にあらかじめメニューのボリュームを伝えておき、注文は食べたいと思う量の半分ずつするようにと言い聞かせて、丁度よい量のボリュームになったぐらいです。

近江牛のハンバーグは一度食べてみるべき

「近江牛ハンバーグ」は、肉のうま味が十分に感じられる、メインメニューの一つです。近江牛は値段の高いブランド牛ですから、それで値段が高いと思うのは間違い。ボリュームが多いからこその値段なのです。

「近江牛ビーフシチューオムライス」これも、牛肉たっぷり。ハンバーグより高いので、高級感だけを思い浮かべますが、女性なら一つ注文すれば、ちょうど二人でシェアできる量です。

「有頭大エビフライ」定食じゃないと思ったら間違い、ボリュームたっぷりの定食です。

「お刺身五種盛り」流石お寿司屋さん。刺身が新鮮で旨い。これは、流石にビックリするようなボリュームではありません。

「ボリューム満点フライの盛り合わせ」もう言うまでもないですよね。

常にお客さんがいてる状態なので予約していくのが良い

とにかく、ボリームたっぷりの料理の為、お客さんは回転しません。土日祝日は、予約必須です。平日でも、予約しておくほうが良いと思います。地元のグルメ達で、満席になりますから。

とても細い道をくねくねと入っていきます。駐車所は二か所に別れていますが、店の人に、どう停めるか誘導してもらうのが得策です。それでは、良き思い出を!

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。