東京都立川市にある蕎麦の名店「無庵」

公開日:更新日: コメントなし


こんにちは。旅行は美味しいものを食べに行くことだと思っているコウちゃんです。
今回は、東京都立川市にある「無庵」のご紹介をします。

お店の名前

無庵

お店の住所

東京都立川市曙町1-28-5

インテリアも照明も落ち着いて心が安らぐ

立川にある蕎麦の名店です。モノレールの立川北駅からほど近いのに住宅街の中にある一軒家で隠れ家的な雰囲気もあります。ジャズが流れるすてきな佇まいで、インテリアも照明も落ち着いて心が安らぎます。

値段もお店に入るまでわかりませんので若いお客さんは少ないです。接客はとても丁寧でさりげなく上品でどなたをお連れしても満足していただけるお店です。蕎麦の味は東京屈指。たくさんの蕎麦職人さんがこのお店で修業されたそうです。

どれも美味しくて「蕎麦屋で一杯」というシチュエーションには最高のお店です。食べログでは評価の高いお店ですが地元の方は意外と知らない名店のようで立川市民にもお勧めしてその素敵さに驚かれます。

蕎麦屋巡りをしていたときに出会ったお店

2年前に上京してすぐに蕎麦屋巡りをしていたときに出会ったお店です。立川はあまり行くことはないのですが「歩いていけるIKEA」がコンセプトのIKEAからも近かったので食べログを検索して行きました。

GoogleMapを頼りに行くとかなり遠回りになり、おのぼりさんで土地勘の無かった私は小一時間さまよっていましたが、実は立川北駅からは徒歩で10分かかりません。

路地裏にある無庵の落ち着いた上品な佇まいに一目惚れ。そのときの店員さんが爽やかなイケメンだったのでさらに惹きつけられたのかもしれません。

今でも東京で一番好きなお蕎麦屋さんで立川に行く機会があれば立ち寄ります。

鴨せいろ蕎麦

一番のお勧めは鴨せいろ蕎麦です。すっきりとしたエッジの立った少し細めの蕎麦を葉三つ葉をふんだんに入れたおつゆにくぐらせていただきます。

無庵で供される料理に使われている野菜は相模湖にある無庵ファームという自家菜園で栽培されているそうなのでこの三つ葉も自家製なのでしょうか。焼かれた長ネギの甘みも鴨汁にあって味わい深いです。

少しレアな食感を残した厚みのある鴨肉はじゅわじゅわとうま味が口に広がります。私は鴨せいろ蕎麦が好きなので色々なお店でいただいてきましたが無庵の鴨肉は火の入れ具合が絶妙です。

薬味の山椒は途中で入れて味に少し変化をつけ、最後の蕎麦湯まで楽しめる逸品です。

数々の蕎麦職人が修業をした名店

東京で一番すてきなお蕎麦屋さん、数々の蕎麦職人が修業をした名店で蕎麦のうま味に驚くこと請け合いです。大人になったからこそ味わえる上品で洗練された空気、丁寧で正しい接客、滋味深い自家製野菜を使った食事を楽しむのも一興です。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。